BABY

【経験談】子どもが歩き始めたらヒップシートが便利!【おすすめはポルバン】

ヒップシートって最近話題だけど、本当に便利なのかな?
ヒップシートっていつから使えるんだろう?
おすすめのヒップシートが知りたい!

SNSでも話題のヒップシート。私はママ友の口コミでヒップシートのことを知りました。

抱っこ紐に隠れて、意外にもヒップシートユーザーは多くいます。

かく言う私もヒップシートユーザーの1人です。私の経験から、ヒップシートの使用感やおすすめのヒップシートを紹介します!

【体験談】子どもが歩き始めたらヒップシートが便利!

【体験談】子どもが歩き始めたらヒップシートが便利!

私は自分の子供が歩き始めた時、以下のような問題に直面しました。主に子供を中心とした外出(散歩・児童館など)を想定した場合です。

子供との外出で困ったこと

  1. ベビーカーに乗ってくれない
  2. 子供の散歩に手持ちの抱っこ紐では不便
  3. 素手で抱っこは身体が痛い

それぞれ詳しくみていきましょう。

① ベビーカーに乗ってくれない

私の子供は歩くのが楽しくて仕方ないらしく、ベビーカーに乗ってくれなくなりました。ベビーカーに乗せると、歩きたくて降りようとします。のけぞってあばれるため、移動はもっぱら抱っこ紐になりました。

② 手持ちの抱っこ紐では不便

私の手持ちの抱っこ紐は「子供が自分で歩く」散歩には不向きでした。私はベビービョルンの「ベビーキャリア ONE+ Air」を使っていますが、「抱っこしたり」「降ろしたり」するには装着が面倒です。また、抱っこ紐を装着した状態だと、かさばるため素手で抱っこしにくいです。

③ 素手で抱っこでは身体が痛い

抱っこ紐なしでの散歩も試してみましたが、肩・腕・腰などあらゆる部分を痛めました。9㎏オーバーの子供を、危なくないように見守りながら「抱っこしたり」「降ろしたり」するのは、なかなか体力を使います。

私は「子供と散歩に行くには、どうしたら楽になるのか…」と悩みました。

そんな時に思い出したのが、ママ友が使っていたヒップシートです。ヒップシートのおかげで子供との外出が格段に楽になりました!

ヒップシートとは

ヒップシートとは、腰ベルトに赤ちゃんの椅子がついている抱っこ紐です。

「ウエストポーチ」のポーチ部分が赤ちゃんの椅子になったような感じです。抱っこ紐というより「ヒップシート」という分類で確立されています。

抱っこ紐と違って、子供に手を添えた状態になります。両手を離して使うと落下の危険があるので、必ず手を添えましょう。

ヒップシートのメリットは、以下2つです。

【ヒップシート】のメリット3つ

  1. 装着の手間がない
  2. 「抱っこして!」「降ろして!」にすぐ対応できる
  3. 肩や腕を痛めない

詳しくみていきましょう。

① 装着の手間がない

ヒップシートの装着方法は、腰ベルトを巻くだけです。抱っこ紐のように肩ベルトを装着する必要はありません。ヒップシートの「椅子」の部分に子供を座らせて使います。

②「抱っこして!」「降ろして!」にすぐ対応できる

上記のように、ヒップシートは肩ベルトの装着の必要がないため、簡単に子供を「椅子」の部分に座らせたり降ろしたりできます。そのため、子供の「抱っこして!」「降ろして!」にすぐ対応できます。

③ 肩や腕を痛めない

ヒップシートは、腰全体で赤ちゃんの体重を支えるため、肩や腕を痛めません。

つまり、ヒップシートは、私の悩みを見事に解決してくれているというわけです。

素晴らしい育児アイテムのヒップシートですが、使っていて気になる点もあります。ヒップシートのデメリットは、以下3つです。

【ヒップシート】のデメリット3つ

  1. 見た目が目立つ
  2. 持ち運びに不向き
  3. 長時間抱っこで腰を痛める

① 見た目が目立つ

ヒップシートの「椅子」が出っ張っているため、赤ちゃんを乗せていない状態だと存在感があります。ヒップシートはウエストポーチよりも角ばって大きいため、目立ちます。

② 持ち運びに不向き

ヒップシートの「椅子」部分は折りたためないので、かさばります。荷物が多い時などの持ち運びには不向きです。

③ 長時間抱っこで腰を痛める

ヒップシートは腰全体で赤ちゃんの体重を支えるため、腰に負担がかかります。長時間の使用で腰を痛める可能性があります。

子供の体重が重くなってくると、どんな抱っこ紐を使っても体が痛くなるのは仕方ないです。ただ、抱っこ紐やヒップシートの装着のポジションを見直すと改善することもあります。

おすすめはポルバン!

おすすめはポルバン!

私のヒップシート選びのポイントは以下2つです。

ヒップシート選びのポイント2つ

  1. 肩ベルトが使用できる
  2. 肩ベルトが収納できる

詳しくみていきましょう。

① 肩ベルトが使用できる

ヒップシートは必ず子供に手を添える必要があるため、両手が空くことはありません。しかし、子供との散歩ついでに、買い物に行きたい時もあります。そんな時に肩ベルトがあれば、子供を手で支えることなく使用できます。

② 肩ベルトが収納できる

また、肩ベルトは臨時で使用するため、普段は収納した状態でもすぐ取り出せるのが理想です。子供が寝てしまった時などに便利です。

おすすめのヒップシート

私が使用しているヒップシートは「バディバディ(buddy buddy) / ポルバン ヒップシート(POLBAN HIPSEAT)」です。

私が使用しているのは旧型で現在はリニューアルされています。

「ポルバン ヒップシート(POLBAN HIPSEAT)」は、別売りで付属の肩ベルトがあります。以下の2種類です。

  • シングルショルダー
    ベルトを頭から被って肩にかけるタイプ
  • ダブルショルダー
    抱っこ紐と同じように両肩にベルトをかけるタイプ

私の使用している旧型は、シングルショルダーのみポケットに収納可能でした。そのため、私はシングルショルダーを購入しました。急に子供が寝てしまった時などに、シングルショルダーを使うと楽になります。

シングルショルダーにホールド力はないので、子供がポルバンから降りたくてあばれると、結構簡単に降りることができます。月齢の低い子の抱っこ紐として使う分には十分だと思いますが、1歳児があばれると降りれます。

そのため、私は本気の買い物などではベビービョルンの「ベビーキャリア ONE+ Air」で対応しています。

抱っこ紐の使い分けについては【経験談】抱っこ紐は使い分けが便利!【プレママ必見】で詳しく紹介しています。

新型ポルバンとダブルショルダーがベスト!

新型のPOLBAN ADVANCE(ポルバンアドバンス) では、ダブルショルダーもポケットに収納可能になりました。ダブルショルダーを使用すると、ヒップシートも普通の抱っこ紐と変わらないので、買い物も楽になります。

また、新型ではヒップシートの「椅子」の部分に滑り止めがついています。そのため、子供に添える手が楽になります。

価格は高くなりますが、新型ポルバンとダブルショルダーの組み合わせがおすすめです。

まとめ

私の経験を元にヒップシートとポルバンについて紹介しました。私の記事が、ヒップシート選びの参考になれば幸いです。

【ヒップシート】のメリット3つ

  1. 装着の手間がない
  2. 「抱っこして!」「降ろして!」にすぐ対応できる
  3. 肩や腕を痛めない

【ヒップシート】のデメリット3つ

  1. 見た目が目立つ
  2. 持ち運びに不向き
  3. 長時間抱っこで腰を痛める
【経験談】抱っこ紐は使い分けが便利!【プレママ必見】「抱っこ紐は最初に1本用意すれば、ずっと使えるんじゃないの?現役ママさんは抱っこ紐を何本使っているんだろう。たくさんあってもしょうがないし、お金もかかるから最低限にしておきたいな。」こういった悩みに答えます。...
【経験談】ファーストシューズはいつから必要?【アティパスがおすすめ!】 「赤ちゃんがつかまり立ちを始めたから、そろそろファーストシューズを用意したい」 「どんなファーストシューズを選べばいいかわからない...