BABY

新生児から使えるチャイルドシートの選び方【おすすめはISOFIX】

出産準備に新生児から使えるチャイルドシートを用意したい!
チャイルドシートって思ったより値段が高い…
おすすめのチャイルドシートが知りたい!

自動車ユーザーなら一番の悩みどころ。そうチャイルドシートですね。

私は価格重視で、ISOFIX対応・回転式のチャイルドシートを選びました。もちろん新生児対応のものです。

1年以上使用してみて、チャイルドシートの「価格」も「機能」もとても満足しています!

今回はチャイルドシートの選び方とおすすめのチャイルドシートについて紹介します。

新生児から使えるチャイルドシートの選び方【おすすめはISOFIX】

新生児から使えるチャイルドシートの選び方【おすすめはISOFIX】

赤ちゃんと車移動する人には、チャイルドシートは必須。チャイルドシートには種類や機能がたくさんあり、どれがいいのか悩むと思います。

特にチャイルドシートの購入を検討している人はプレママ・プレパパが多いと思います。価格は高いし、チャイルドシート選びに失敗したくないですよね。

私の体験談をもとに「失敗しないチャイルドシート選びのポイント」を紹介したいと思います。

チャイルドシートの種類

チャイルドシートには以下の4種類があります。

チャイルドシートの種類

  • 新生児・乳幼児用ベビーシート(新生児期〜1歳前後)
  • 幼児用チャイルドシート(1〜4歳)
  • 学童用ジュニアシート(4歳〜10歳)
  • 複合タイプ(兼用型)

複合タイプのチャイルドシートの種類が豊富で、対象年齢は製品によってそれぞれ異なります。私は、新生児期〜4歳ごろまで使える複合タイプを購入しました。出産して退院した日から使用できるタイプです。

チャイルドシートの固定方法

チャイルドシートを車に装着する方法は、2つあります。

  • ISOFIX式
    車のシート(金具)に直接固定するタイプ
  • シートベルト式
    シートベルトで固定するタイプ

(注意)2012年7月に全ての車にISOFIX対応が義務付けられました。2012年7月以前に製造された車は、ISOFIXに対応していない場合があるので注意が必要です。

チャイルドシート選びに重要視するポイント

私がチャイルドシート選びに重要視したポイントは、以下3点です。

チャイルドシート選びのポイント

  1. ISOFIX式
  2. 回転式
  3. 価格(3万円前後)

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

① ISOFIX式

ISOFIX対応のメリットは、以下3つです。

  • 取り付け・取り外しが簡単
  • 取り付ける時の装着ミスが少ない
  • シート(金具)に直接固定するため、ぐらつかない

取り付け・取り外しが簡単

シートベルト式のチャイルドシートは、取り付けが複雑です。一方、ISOFIX式のチャイルドシートは車のシート(金具)に直接固定するだけなので、女性1人でも簡単に取り付け・取り外しすることができます。

取り付ける時の装着ミスが少ない

ISOFIX式のチャイルドシートは、取り付け方法がシンプルなので、間違った取り付けをする心配がありません。女性1人でも簡単に取り付けでき、装着ミスが少なく安心です。

シートベルト式のチャイルドシートは取り付けが複雑なため、装着を誤っている人もいます。またシートベルトの締め付けが足りず「ぐらつき」がある状態で使用していたりと、安全に使用できていない場合が多いです。

シートに直接固定するため、ぐらつかない

「シートベルト式」に比べ、「ISOFIX式」のチャイルドシートは、車のシート(金具)に直接2点固定し、さらにサポートレッグ(足元の柱)で固定されています。合計3点でしっかり固定されているため、ぐらつかずに安定します。

一方、ISOFIX対応の注意点は以下2つです。

  • マイカーが「ISOFIX対応」である
  • マイカーが「チャイルドシートの対応車種」である

ISOFIX対応かどうかは「クルマの取扱説明書」で確認できます。また、自分の車がISOFIX対応だとしても、欲しいチャイルドシートの車種に対応していない場合があります。チャイルドシート購入前に、車種に対応しているか販売店に確認しましょう。

② 回転式

チャイルドシートは「固定式」より「回転式」がおすすめです。

回転式 > 固定式

チャイルドシートに赤ちゃんを乗せたり降ろしたりする場合、「回転式の方が、圧倒的に楽」です。理由は、チャイルドシートを回転させて自分の方に向けられるので、楽に赤ちゃんを乗せることができるからです。いつも赤ちゃんの機嫌が良いとは限らないので、イヤイヤのときに回転式だと助かります。

③ 価格(3万円前後)

チャイルドシートは価格が高いもので8万円程ですが、私はできるだけ安く抑えたいと思っていました。

値段が高い=安全性が高い

という認識は否定はしません。安心を買っていると思います。ただ、そんなに高くなくても良い製品はありますよ。

毎日車を利用する人は、値段に妥協せずそれなりのものを購入したいと考えるかもしれません。私の場合は、利用頻度が週2回程度のため、程よい価格のものを選びました。

おすすめのチャイルドシート

チャイルドシートの定番メーカーには次のようなものがあります。

  • コンビ(Combi)
  • アップリカ(Aprica)
  • グレコ(GRACO)
  • ジョイー(Joie)

私のおすすめは「ジョイー」です。私が購入したのは「Joie チャイルドシート Arc360°」です。私がチャイルドシート選びに重要視したポイントの全てをカバーしています!ISOFIX対応・回転式なのはもちろん、価格も他メーカーより安価です。

1年使用してみて、不具合なく状態は良好です。気になる新生児からの使用にも対応しています。出産後の退院した時から使用しましたが、クッション性も高く安心して赤ちゃんを乗せることができました。ISOFIX対応で取り付けは簡単でしたし、回転式はやはり便利です。

チャイルドシート選びのポイント

  • ISOFIX式
  • 回転式
  • 価格(3万円前後)

チャイルドシート購入のタイミング

チャイルドシート購入のタイミングは、ベビー用品店のセールの時期「年末年始」や「年度末」が狙い目です。ただ、どのメーカー、どのチャイルドシートがセール対象になるかは分かりません。

それに比べ、ネット販売だといつでも店頭より安く売られています。必要なときに、必要なものを購入しておくのがおすすめです。退院してすぐ使うなら、それに間に合わせる必要がありますよね。

出産準備には、チャイルドシート以外にもたくさん用意するものがあります。1つ1つ余裕をもって買い揃えていきましょう。

まとめ

私は価格重視で、ISOFIX対応・回転式のチャイルドシートを選びました。1年以上使用してみて、チャイルドシートの「価格」も「機能」もとても満足しています。

チャイルドシート選びのポイント

  • ISOFIX式
  • 回転式
  • 価格(3万円前後)
ベビーカーは、いつからいつまで使えるの?【選び方のポイント4つ】 出産前にベビーカーを用意したい! ベビーカーっていつからいつまで使えるの? ベビーカー選びのポイントって何? 出産前に...
【経験談】抱っこ紐は使い分けが便利!【プレママ必見】「抱っこ紐は最初に1本用意すれば、ずっと使えるんじゃないの?現役ママさんは抱っこ紐を何本使っているんだろう。たくさんあってもしょうがないし、お金もかかるから最低限にしておきたいな。」こういった悩みに答えます。...